専門学校で本格的に技を磨くべし|プロも顔負けの料理を作れる

寿司屋で働くには

お寿司

将来寿司屋で働くためには、そのお店に就職して本格的な知識を学んでから働くことができます。最近ではそのような方法以外にも、様々な料理について学ぶことができる専門学校で勉強して就職するのです。寿司について勉強する専門学校はいろいろありますが、その専門学校の一つではお店で必要な知識を座学で学びます。魚の知識や捌き方、衛生に関する知識、包丁の研ぎ方などを座学で学ぶのです。魚について知らないと自分が何の魚の寿司を作っているのか分かりませんし、捌き方を知らずに握ることはできません。後、衛生に関しては飲食店で働いている人にとって、大事なことですから絶対に学ばないといけません。万が一お客さんが食中毒などになってしまったら大変ですから、そのようなことが起きないように専門学校では衛生に関することは真剣に教えているのです。寿司の専門学校の実習ではまずはシャリ切りから教えています。魚が美味しくてもシャリに問題があると、美味しさは半減してしまうでしょう。ですから、最初にシャリについて勉強して美味しいシャリを作ることができた後に、寿司の握り方を勉強します。握り方を学んだら次に、厚焼き玉子の作り方や巻き寿司の巻き方と切り方などの技術を身につけて、桂剥きや笹切りなどの難易度の高い切り方を勉強します。このような技術を見つけることで、寿司屋で働くことができるのです。すぐに一人前として働くことはできませんが、全く知識がない人よりも早くその寿司屋の味や技術を身につけるはずです。ある専門学校では、寿司屋で働く人必須の包丁を無料でもらえます。